看護部紹介

看護部長あいさつ

葛飾リハビリテーション病院は、
23区内にありますが、
周囲は緑豊かな環境で、
四季折々の良さを肌で感じる
中に立地しております。

当院では、急性期治療を終了した患者さんが、その疾患や障害を克服するために、低下した心身機能の回復と退院後の生活に合った生活を見据え、患者さんの個別性を重んじたプログラムでリハビリテーションを実施しています。

看護部長|松下 博美

看護職は、24時間、365日患者さんの日常生活に寄り添い、身体的・精神的なケアを行い支援しています。
患者さんの最も身近で看護や介護に携わるため、患者さんの気持ちをくみ取り、医師や各職種に情報提供を行う大切な役割を担っており、その情報を多職種が専門性を持って共有し、チームでサポートすることが肝要です。

そこで、看護部では「一人ひとりに寄り添う看護」を大切にし、多職種とのコミュニケーションを良好に保ち、効果的なリハビリを実践するようなシステムを駆使して、患者さんやその家族の意向に沿った地域生活に戻れるよう、さらに支援していきたいと考えております。

看護部長|松下 博美

看護部理念

患者・家族に寄り添い、温もりのある看護を実施します

看護部方針

  1. 地域のニーズに根ざした看護を提供します
  2. 患者の権利を尊重し、看護倫理を踏まえた看護を実践します
  3. 職業人として、安心で安全な質の高い看護を提供します

看護体制

回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰ
看護職員配置基準:13対1

夜勤体制:
2交代制
看護師2(3)+介護福祉士(看護補助者)2(1)
看護師
日勤:午前8時30分~
午後5時00分
夜勤:午後4時30分~
翌日午前9時00分
介護福祉士
看護補助者
日勤:午前8時30分~
午後5時30分
夜勤:午後4時45分~
午前8時45分
看護単位:
3単位(病棟2・外来)

看護方式

グループ制プライマリーナーシング
拡大してみる

看護部年間教育計画

開催月内容
4月新入教員オリエンテーション
医療安全管理 感染管理
5月心電図について
6月画像診断
7月アセスメント能力の必要性
9月糖尿病について
10月看護記録 看護必要度研修
11月心不全について
12月診療報酬について
1月祷癒対策
2月看護記録記載について(電子カルテ)
3月認知症対応について
AED研修
全職員合同研修
感染防止対策を看護学生へ指導

私たちは、
葛飾区リハビリ医療の
フロントランナーとして
地域に貢献します

シェアする
  • FaceBookでシェアする
  • Twitterでシェアする