院長からのご挨拶

私たちは、葛飾区リハビリ医療の
フロントランナーとして
地域に
貢献します。

院長永島 正一

平成28年6月この葛飾の地に初めての回復期リハビリテーション専門病院を開設することとなりました。これも地域の皆さま並びに医療関係者のご理解、ご協力の賜物と心から感謝申し上げます。

医療における急性期病院の役割は今更申すまでもありませんが、高齢化社会にむかい、地域が担わなければならない重要な医療に急性期後の医療があります。なかでも回復期リハビリテーションには、早期に社会復帰していただくという大きな使命があります。この地域医療の一翼を担うという強い使命感をもって、私達はこの葛飾の地にフロントランナーとして、その名に恥じない病院作りをしてまいりたいと思います。

当院は内科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科の外来診療科を擁し、さらに83床の回復期リハビリ病棟から構成されています。地域の皆様には気軽に利用いただけるように外来は午前、午後診療としております。入院患者さんには医師、リハビリテーション専門職、看護師、介護福祉士、など多職種のスタッフが積極的に患者さんに寄り添いながら、チームとして患者さんを支え、一日も早い在宅への復帰をお手伝いします。

今後も地域の皆さま方の信頼と期待にこたえられるように、
職員一同、誠心誠意、努めてまいります。

葛飾リハビリテーション病院 院長 永島 正一

私たちは、
葛飾区リハビリ医療の
フロントランナーとして
地域に貢献します

シェアする
  • FaceBookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Google+でシェアする